Search

バッハ&ヴィヴァルディ動画【マンスリー・ニュースレター Vol.103】

Updated: Jul 31

みなさま いかがお過ごしでしょうか。


ニューヨークは、経済活動再開の最終段階、第4フェーズに入り、

街も少しずつ活気が戻ってきました。

とはいえ、レストランの屋内飲食は禁止されたままですし、

美術館、ジム、映画館などもまだ再オープンの許可は下りていませんし、

舞台芸術の分野は今年いっぱいは再開されないでしょう。





目の前にある

フレンチアメリカンの

ビストロ🍷🍴


レストランは、

このように

歩道や車道(の一部)に

テーブルを設置して

オープンしています。


今は外での食事も

お天気が良くていいですが、

10月頃からは

どうなるでしょう・・・




今は夏休みの真っ最中、いつもならバカンスのシーズンなのですが、

今年は国外に行くことはおろか、

国内の(50州中)32の州に滞在すると

帰ってきてから2週間の自主隔離が義務づけられるので、

おいおいと遠出ができなくなっています。


とはいえ、以前は感染中心地として、目を覆うような状況でしたが、

今は感染者数はとても落ち着いていて、

ニューヨーク市では毎日200~300人程度(検査数は3万件前後)にまでなり、

日々過ごしていても、精神的にずいぶん楽になりました。

私の家の真向かいにも、PCR検査を受けられるクリニックが2箇所あるのですが、

今では無料で何回でも検査に行くことが出来るようになっています。



そんな中、最近動画をアップしました。

バッハの前奏曲ハ長調(『平均律クラヴィーア曲集』第1巻より)です。

みなさまにも耳馴染みの曲かと思います♪

動画のリンク ☞ こちらをクリック


動画へのいいね👍やチャンネル登録もどうぞ宜しくお願い致します🙇‍♀️。



もう一つは、ヴィヴァルディのバイオリン協奏曲(『調和の霊感』より)です。

こちらは、英国ロイヤルオペラハウスのメンバーとのリモート合奏動画です。

各々別々に録画しているので、仕上がりはどうなるのかドキドキでしたが、

アンサンブルとしてまとまった出来になっていて、ホッとしました。

(画面は黒いですが、再生ボタン▶をクリックしていただけると、動画が始まります。)



どちらも短い動画ですが、お楽しみいただけると幸いです。




こちらは今日のNY古楽ニュースレターに掲載されていた、私の動画の案内です👇



ニューヨークは連日35度前後の暑い日が続いておりますが、

みなさまもくれぐれもお身体お大切にお過ごしください。



ニューヨークより

濱田あや



© 2019 AYA HAMADA

  • YouTube
  • Twitter