Search

ワクチン接種2発目 副反応体験記【マンスリー・ニュースレター Vol.113】

Updated: Apr 26



前回のニュースレターでワクチン接種第1回目をお伝えしましたが、

先日ワクチン接種の第2回目を終えました。

今回は副反応がかなり辛く、

日本のみなさんの接種はこれからだと思いますので、

ご参考までに記してみます。


(これはワクチン接種の恐怖心を煽る目的で書いたものではありません。

今後半年後に追加ワクチン接種が必要になったときでも、私は迷わず接種します。

あと、私の友人には、ほとんど副反応が出なかったという人もいましたので、

あくまでも個人的な経験談ということで、ご了承ください。)


さて、2回目のワクチン接種は、1回目から4週間後の4月19日でした。

会場は前回と同じ、コロンビア大学近くの医療センターです。


1発目のあとは、私はほとんど副反応がなく、

翌日に少し眠気に襲われるくらいでした。

普通に練習をして、ヨガもして、日常に支障は全くなかったです。


2発目の後は副反応が重い・・・とは多くの人が言っていて、

「次の日は休みを取った方がいい」とのことだったので、

私も念のため、翌日のレッスン(全てリモート)の生徒さんには、前週に

「ワクチン2発目の翌日だからレッスンお休みになるかも・・・」と伝えておきました。

みんな「直前キャンセルでも全然OKで~す!」

「何か要るものがあれば、先生の家のドアの外に置いておくので言ってくださ~い!」

など温かくて有り難かったです。



そして当日。


午後5時30分:

待ち時間もほとんどなく接種完了。

今回のインジェクター(接種をしてくれる人)さんは、

お洒落な帽子のおねえさんでした。


前回同様、その場で15分待機。

タイマーが鳴って、異常がなければ

退室できます。


その後無事に帰宅。




(接種)2時間後:食欲もあるので、普通に夕食を食べました。

そして、プレゼンテーションの準備で、

(テーマは「17世紀オランダの賛美歌」というコアなものです・・・)

パワーポイントの作成やトークの練習などしていると・・・


5時間後:ワクチンを接種した左腕が動きづらくなり、

しばらくすると上がらなくなりました。

(前後には上がるのですが、横には上がらない状態。)

困ったなぁと思いながらも、作業は諦めて就寝することに。

寝るときも左腕を下にすると痛むので、気をつけながらの睡眠です。


12時間後:喉の乾燥で目が覚め、起き上がると

頭痛、悪寒、強烈な眠気を感じました。

左腕は上がるようになりました。

食欲もないので、とりあえずお紅茶を飲もうと用意しましたが、

一口で挫折・・・。

熱も上がってきたので、再び横になることにしました。


18時間後:何か食べた方がいいと思って、

アップルソース

(煮りんごをソース状にしたもの。アメリカやフランスでは子供のおやつの定番)や

ルイボスティーを口にしました。


タイレノール(アセトアミノフェン成分の解熱鎮痛剤)は

接種後24時間以内は飲んでもいいと、接種会場でも言われたので、

タイレノールを2錠飲みました。

㊟他の鎮痛剤(イブプロフェン成分のものなど)は飲んではいけないそうです。

その他、接種会場でもらった紙には、副反応を和らげるために、

接種前後はお水をよく飲むこと、腕はよく動かすこと、

ゆったりした服を着ることなど書いてありました。


そして再び寝ます。



24時間後:薬が効いてきたのか、気分がよくなり、

副反応も24時間くらいで治まるのね!と安心した気分に。

トリュフ・チョコレートを一口食べて、念のためまたベッドへ。

食欲は未だわかないものの、明日はお饂飩を食べよう・・・などと

計画するまでに復活しました。

ベッドの中から、メールを返信したり、SNSの返事を書いたりも出来るようになりました。



36時間後:期待むなしく、朝から胃がむかむかして、

熱も下がっていませんでした。頭痛はなし。


数歩歩くとフラフラするので、何か食べなきゃと

前日大丈夫だったものを食べると、あえなくリバース。


代わりに、グミ状のマルチビタミン剤を補給しました。


水類も受け付けず、苦しい状態になりました。

突然雷雨に見舞われたようで、外が騒がしくなりましたが、

反応もできず、ひたすら寝ます。



48時間後:レッスンが1コマだけあったので、これ以上休むわけにはいかないと

その時だけむくっと起き上がり、レッスンを敢行することに。

悪寒対策に身体にブランケットを巻き付け、何とか乗り切りました。


終わると速効また横に。


翌日に、プレゼンテーションの動画収録が予定されていたので、

事情を話して延期してもらうことにしました。


54時間後:やっと、ポカリスエットが飲めるようになりました。

左腕を下にして寝られるようにもなり、

もう大丈夫だろうという所までたどり着いた感じです。



62時間後:スッキリと目覚め、ようやく副反応バトルの終了です。

平熱に戻り、体重は3キロ減っていました・・・。


66時間後:ようやくお腹が空いたと感じるようになったので、

念願のお饂飩を食べました🍜


その後、少し横になり休みながらも

調律をして、練習が再開できる喜び♪


75時間後:今日のレッスン(2コマ)も無事終わり、

バロック・ダンスのクラスも受講できるまでに全回復です✨




このように予想以上に副反応にさいなまれましたが、今ではすっかり元気にしています。

昨日無事にプレゼンテーションの収録を終え、

今日はセントラルパークへお花見ピクニックにも行きました。

(4月上旬はソメイヨシノ〈写真上段〉が満開でしたが、

今はカンザン桜〈写真下段〉が丁度見頃です🌸)




周りの知人で副反応が重かった人も、

36時間あるいは48時間程度で治まったそうなので、

私は少し長引いた事例だったようです。

コロナ感染歴のある人や、若い人ほど、症状が辛いそうですが、

私はどちらかに該当するのでしょうか・・・🤔



多分この手の話は、時期が来ると、

日本のメディアでも取り上げられると思うのですが、

2発目接種の翌日は休養日に充てられることを強くお薦めします。

演奏家の方は、本番のスケジュールを考慮して接種日を決められたほうがいいと思います。

私は丸2日間練習できず、左腕の痛みは4日間続き、

6日間経った今でもまだ少し、腕の違和感や怠さがあります。

(練習するには問題ないレベルですが、長丁場のリサイタルは辛いかもしれません。)


そしてみなさまとは、

来月オンライン・コンサートでお出会いするのを楽しみにしています♪


5月23日午後4時(ニューヨーク)

5月23日午後10時(パリ)

5月24日午前5時(東京/大阪)開演で

終演後はQ&Aセッションがあります。

(見逃し配信も7月まで可能です。)


チケットのご購入はこちらより👇

https://mb1800.org/concert/aya-hamada-2/

(英語サイト)


皆さまのお越しをお待ちしています♪



みなさまもくれぐれもお身体お大切にお過ごしください。



ニューヨークより

濱田あや



p.s.プレゼンテーションの動画です











© 2021 AYA HAMADA

  • YouTube
  • Twitter