オペラの準備【濱田あや マンスリー・ニュースレター Vol.51】

June 24, 2016

皆さま 日本は雨の続く時期ですね。体調は崩されていませんか?

 

 

ニューヨークはすっかり夏一色です。

毎年、春を感じる期間は短いのですが、

今年は特に、

前の日まで暖房が入っていたかと思うと

翌日には

30度を超える真夏日になってしまい、

スプリング・コートも

日の目を見ず仕舞いでした。

 

でも、今は日が長いので、

夜8時半ごろまで明るく、嬉しいですね。

 

(アパートの前で、行き交う人々が日没の

写真を撮っていたので、私もパチリ。→)

 

 

さて、私の今年の夏は…フランスに暫く滞在します。

今回は、パリ郊外、森に囲まれたシャンティ城の近くにある

「ロワイヨモン修道院」という所で開催される

フランス・バロック・オペラのプロジェクトに参加します。

 

「ロワイヨモン修道院」は元々は名前のとおり、

13世紀に建てられた修道院だったのですが、

今はロワイヨモン財団が管理していて、

コンサートをはじめ様々な文化事業が行われています。

https://www.royaumont.com 

 

訪れたことのある人は、皆、「素敵な場所!」「自然が豊か!」

「毎日シェフが腕をふるった料理が出てくる(ワイン付き)!」と言っていて、

いつか訪れる機会があればいいなぁ…と思っていただけに、

ロワイヨモン財団のディレクターより、

「クリストフ・ルセ(このオペラ・プロジェクトの指揮者)から

貴女の事を聞いたんだけど、スケジュール空いていますか?」と

ご連絡を頂いた時から、ずっとワクワクし通しです。

 

しかも、演目は、

リュリの「アルミード」とラモーの「イポリートとアリシー」という、

どちらも私の大好きなオペラ!
「抒情悲劇」と言われるジャンルのオペラで、
内容もドラマティック、

音楽も高貴な美しさと激情に溢れています。

 

 

早速ヨーロッパの出版社から楽譜を取り寄せ、
今はせっせと、フランス語の歌詞を読み深め、
また抑揚や、アレクサンドラン(仏語詩の韻律)などを確認して、

音楽との関わりを勉強中です。

2冊あわせて700ページ以上あるので、膨大な量なのですが、
毎日、新たな発見があったり、奥深さに感嘆させられる連続で、
登場人物の、移り変わる心理状況を、どのように弾いて表現したらいいだろう…

と、考える楽しみが尽きません。

 

 

↓ラモーの楽譜はすでに表紙が取れてしまいました…。

 

 

ということで、

来月はフランスからのお便りになります♪

 

 

時候不順の折、

どうぞお身体お大切にお過ごしください。

 

 

 

 

ニューヨークより

濱田あや

 

 

 

 

 

 

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ