宗次ホール・リサイタル&雑誌取材【濱田あや マンスリー・ニュースレター Vol.63】

August 18, 2017

 

 

みなさま いかがお過ごしでしょうか。

 

私は無事に日本での全公演を終えて、

ニューヨークに戻ってきました。

 

7週間ぶりのニューヨークですが、

こちらは

すでに秋の気配が感じられるほど、

過ごしやすい毎日で、

久しぶりにセントラル・パークでのランニングを楽しんでいます🏃

 

今回の日本滞在は、東京、名古屋、大阪でのコンサート全5公演のほか、

取材も多くあり、慌ただしく過ぎ去っていきましたが、

各会場で、毎回コンサートにお越しくださる皆様、

また新しいお客様が温かく迎えてくださり、

嬉しい思い出がいっぱいです。ありがとうございました。

 

 

(コンサートの合間には、

母校の神戸女学院の広報誌の

取材/撮影もあり…

炎天下の中、屋外での撮影!

本番で弾いている方が

ずっと楽ですね…😉)

 

 

 

 

 

 

 

 

韓国ソウルから帰ってきたあとは、名古屋・宗次ホールでのリサイタルでした。

昨年「NHKナゴヤニューイヤーコンサート」に

ゲスト出演させていただいたときに、ホールの前を通り、

「こんな素敵なホールでリサイタルをする日が来るといいなぁ…」と

思っていただけに、

お話をいただいた日からとても楽しみにしていました。

 

名古屋では初リサイタルとあって、

お客様の反応はどうかな…と案じていましたが、

お陰様で、CDは休憩時間にすでに完売、

終演後も多くの方がサイン会にお越しくださいました。

後ほど宗次ホールの担当者の方から、

「(ホールの)常連さんが、

『今年のベストコンサートにノミネートします!』と仰ってましたよ」と

伺い、有り難い限りでした。

 

公演の模様は、宗次ホール・公式フェイスブックページ および

宗次ホール・オフィシャル・ブログ に掲載されています。

(両ページとも同内容です。)

 

 

また、大阪フェニックスホール公演より

ロワイエ作曲「スキタイ人の行進」「ザイード」を

濱田あや YouTube チャンネルに追加いたしました。

お楽しみ頂けましたら幸いです❣

 

「スキタイ人の行進」

 

「ザイード」

 

今は、来週のコンサートの準備、秋シーズンの公演の確認、

来年度のリサイタルの曲決め(そしてせっせと練習)を行っています。

2018年はフランソワ・クープランの生誕350年の記念年ということで、

230曲以上あるクープラン作曲のクラヴサン曲の中から厳選中!

楽しい作業が続きます。

先ほどのスペイン・バルセロナでのテロ事件に深く心が痛みますが、

前を向いて自分の出来ることに懸命に取り組んでいきたいと思っています。

 

 

みなさまも夏のお疲れが出ませんよう、どうぞお体お大事にお過ごしください。

 

 

 

 

 

 

数年前、バルセロナで弾いた
チェンバロを思い出しながら。

 

ニューヨークより

濱田あや

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ